続編が決定!?ポッピンQが面白い?あらすじとネタバレ紹介

ポッピンQ映画『ポッピンQ』は、かわいいキャラクターたちが活躍しているだけでなく、美しい世界観や共感のできるストーリーが話題になっていました!

この記事では、映画『ポッピンQ』のあらすじや結末までのネタバレだけでなく、動画配信サービスの配信状況や続編の情報などを紹介していきます。

 

 

ポッピンQの作品情報と予告動画

映画『ポッピンQ』は、東映アニメーションが60周年を記念して製作された作品になっています。東映のヒットを手掛けたスタッフたちが協力し製作したことでも有名です。

監督 宮原直樹
脚本 荒井修子
公開日 2016年12月23日
製作会社 東映アニメーション

ポッピンQあらすじ

中学3年生の『伊澄』は、卒業を目前にしてもまだ在籍していた陸上部に通っていました。

彼女は、最後に出場した大会で同級生に負けたことが悔しくてタイムを更新しようとしていたのです。

伊澄は、両親が東京で起業する事で自分も一緒に高知から引っ越さなければならないことを嫌がっていました。部活終わりの後輩に練習を付き合わせて伊澄でしたが、タイムは一向に伸びずこのまま陸上を辞めるか迷います。

家に帰宅した伊澄は、東京に行くことで両親とケンカになり『こんな家に生まれるんじゃなかった』と言ってしまいました。

卒業式の日に伊澄は、学校へ向かう電車には乗らず反対方向へ向かう電車に乗り込み遠くの海へ行きます。

砂浜で光っている小さな欠片を見つけた伊澄は、拾いあげてポケットに入れました。学校に戻り卒業式に出ようと思った伊澄でしたが、駅のホームに入ろうとすると光に包まれてしまいます。目を開けた伊澄の目の前に広がっていたのは、異世界だったのです。

ポッピンQネタバレ

映画『ポッピンQ』のあらすじで、異世界へと飛ばされてしまった伊澄が今後どうなるのか、結末までのネタバレを紹介していきます。

時の谷

状況がわからずに伊澄が混乱していると、ぬいぐるみのような見た目の生き物が伊澄の胸にバッジを付けました。ぬいぐるみが、『ブレスク』と言うと伊澄が海で拾った欠片が光出しバッジの中に吸収されます。

伊澄は、急にぬいぐるみの話している言葉がわかるようになりました。

ぬいぐるみは、『ポコン』という名前でバッジと欠片を通して伊澄の頭の中に直接話していると教えました。伊澄は、時空をスライドしてこの世界にやって来た事と、ポコンと一心同体だと言われ混乱します。

夢だと思った伊澄が寝ようとしますが、ポコンに引きずられ時の谷に案内されました。

ポコンたちは、ポッピン族という種族で時の谷と時を進めるという役目を任されていたのです。ポコンたちは、ダンスをする事で時を動かしていました。伊澄は、『レミィ』という時の守り巫女と出会います。レミィは、事情があって話す事ができなくなったポッピンでした。

街を案内してもらっていると、ポコンが『キグルミだ』と言って逃げ出し、伊澄にも逃げるように言います。キグルミは、ポッピン族を襲い自分の体に吸収して力を得ていたのです。

新たな出会い

伊澄がレミィとポコンを抱えて走っていると、待ち構えている少女がいました。その少女は、キグルミたちを投げ飛ばし伊澄たちを助けます。

伊澄の他にも4人の中学3年生が時の谷へ来ていたのです。みんなは、自己紹介をする事になりました。

伊澄は、『あさひ』と『蒼』と『小夏』それぞれに自己紹介をします。クールな態度の蒼は、『卒業式があるので帰る。』と言いましたが、ポッピン族の長老が『すぐには帰らせられない』と言いました。世界が危機に瀕していて助けて欲しいと言い出したのです。

2時間後に4人とも卒業式を控えていたましたが、長老は『こちらの世界では10日間の時間がある』と教えます。元々別世界の人間たちは、この次元には10日間しかいられないという決まりがありました。10日以上この次元にいると、伊澄たち人間は元の世界に帰れなくなってしまうのです。

時の谷は、全ての時の流れの中心になっている場所で、時間を維持する為の大切な『時の種』が飛び散ってしまったと長老が説明していると、伊澄たちが突然眠ってしまいます。世界や時間のずれのせいで、伊澄たちは眠たくなってしまったのです。

ポッピン族の衣装に身を包む事で、時空の変化によるダメージから体が守れると知り、みんなは着替えることにします。服を着替えたみんなは、自分たちが拾った欠片こそが時の種の欠片だと知りました。そして時の欠片は全部で6個あり、最後の1つは見つかっていなかったのです。

勇気のダンス

長老は、『全ての欠片を見つけだして、この世界をダンスで救って欲しい』と伊澄たちに言います。伊澄たちは、世界を救う『勇気のダンス』をポッピンたちに教わることになりました。勇気のダンスが、時を進めるエネルギーになるのです。

ダンスを覚えるように言われたみんなは、それぞれ心の中で思った気持ちを一心同体のポッピンたちに見透かされてしまいます。ポッピンは、一心同体の人間の考えや心を感じ取ることができたのです。

休憩していた伊澄は蒼と、意見が対立し言い争いになってしまいます。頭に血が上った伊澄は、みんなの元を離れて走って行ってしまいました。

海を見つけて伊澄が喜んでいると、同年代の男子『レノン』が現れます。

レノンは、伊澄を洞窟へと案内しました。洞窟にある泉をのぞき込むと、伊澄が同級生に負けた大会が映し出されます。

大会で負けた伊澄は、同級生に『足が万全なら、私が勝ってた。負けてない』と言ってしまったのです。レノンは、伊澄に『この大会やり直したくない?』と尋ねます。

驚く伊澄にレノンは『君の仲間たちの欠片を全部持ってきてくれたら、やり直せるよ』と言いました。洞窟に後から合流した、『ルピィ』が時の欠片を持っている『沙紀』とやってきて、伊澄を呼びます。伊澄がルピィたちの方を見ている間に、レノンはいつの間にか消えていました。

みんなの元へ戻った伊澄でしたが、レノンのことを報告しなかったのです。新しい仲間の沙紀は、『私は元の世界に戻りたくない』と言って出て行ってしまいます。沙紀の言葉を聞いた伊澄は、自分も元の世界に戻りたいのかわからなくなりました。

勇気のダンスを練習していた伊澄たちでしたが、振り付けも揃わずバラバラでポッピンに怒られてしまいます。

しっかりと個別に練習をしていると、大きな物音が聞こえました。駆け付けたみんなは、吹き飛ばされキグルミたちがレミィをさらうのを止めることができなかったのです。

それぞれの気持ち

レミィがさらわれ落ち込むみんなに伊澄は、『最後の時の欠片を持っている人を知っている』と打ち明けました。

みんなに事情を話した伊澄は、『みんなと踊る資格ない』と言います。他のみんなも伊澄と同じように、それぞれ悩みを抱えていることを打ち明けました。

みんなの気持ちがおなじだと気づき、4人の絆は深まります。戻ったみんなは、長老から『奇跡のダンス』を踊る事ができれば世界が救えると教えられました。

覚えようとするみんなでしたが、心を1つにすることができれば奇跡のダンスは完成すると知ります。

やる気を出した伊澄たちは、練習をしていましたが、沙紀は練習にきませんでした。伊澄がランニングをしていると、ルピィがいるのを発見します。

ルピィに呼ばれた伊澄は、沙紀が一人でダンスをしているのを見ました。

一生懸命ダンスを踊っていた4人は、次第に上達し揃うようになります。一安心していると、ルピィが『沙紀がキグルミにさらわれた』と報告しに来ました。

ルピィは、沙紀は本当はダンスが好きでみんなと踊りたがっているけれど、仲間に裏切られた過去が忘れられず怖がっていると教えます。

その言葉を聞いたみんなは、沙紀を探しに行きました。そこには、レノンとキグルミたちが待ち構えていたのです。

レノンは、『ここまで来ることができればレミィと沙紀を開放する』と伊澄たちに言います。

キグルミたちに囲まれた4人は、ダンスのフォーメーションを組みました。キグルミたちがみんなに飛びかかると光があふれ跳ね返します。

伊澄たちは勇気のダンスをマスターしたことで、力が目覚め衣装が変わっただけでなく、それぞれに能力が使えるようになりました。

蒼の能力でキグルミの弱点を探り、みんなでキグルミの中に閉じ込められたポッピンたちを開放していきます。伊澄は、ダッシュの能力が目覚めレミィと沙紀の元へ向かいました。レノンは、『最後にもう一度選択のチャンスをあげる』と言います。

考えた伊澄は、『2人を返して』と言いました。レノンは、『さようなら、噓つきさん』と言ってこの世界から姿を消してしまいます。レノンの時の欠片も回収し、全ての欠片が揃いました。沙紀とレミィを救出しましたが、沙紀は何も言わずに去ってしまいます。

奇跡のダンス

時の欠片を時の城に持って行こうとしている途中に、時の欠片が全て消えてしまいます。そしてルピィも『沙紀がいなくなった』と報告をしに来ました。

長老は、『すでに時の城に欠片が持ち込まれ時の種になった』と言います。

みんなで時の種を取り戻し勇気のダンスを捧げるために時の城へ向かいました。城までの足場が崩れそうになっていて、誰かが向こう側へ行き橋をかける必要があったのです。

蒼が調べると、足場の長さは10mで渡るには11.88秒で走り抜ける必要がありました。

頼られた伊澄は、『無理。私本当は大会でケガしてなかったの』と打ち明けます。11.88秒は、どうしても伊澄が出せなかった記録だったのです。

世界の運命がかかっているプレッシャーに負けそうな伊澄でしたが、『あなたが走らなきゃみんな前に進めないのよ』と言われ、走る決意をします。

伊澄は、足場を走り抜けることに成功しました。みんなの為に橋を出し、城の中へと入っていきます。

城の中に入ると、城を守っている大きなクジラのキグルミに襲われました。小夏の音符を具現化する能力を使い、何とかクジラを倒すことに成功します。

最上階へ向かうと、大人になった沙紀と現在の沙紀に出迎えられました。大人になった沙紀は、時間の種を手に入れ永遠の今を生きていたのです。

伊澄に『くだらない』と言われた大人の沙紀は、時間の種を使って伊澄に一気に時間を取らせ老婆の姿にしてしまいます。

沙紀は、『何度でもやり直しのきく、夢の世界へ行こう』と大人の沙紀に言われました。老婆になった伊澄は、沙紀を引き留めようと『一緒に踊ろう』と言います。

沙紀は、自分の為に一生懸命になってくれた伊澄の姿を思い出しました。

沙紀は、『もう一度、信じてみたい。もう1人は嫌なの、みんなと踊りたいの』と言って大人の自分を突き飛ばします。

すると伊澄の時間も巻き戻り、沙紀は4人に合流しました。大人の沙紀は、時の種の力を暴走させて攻撃しようとします。

みんなは、それぞれの能力を使って協力し大人の沙紀を倒すことに成功しました。力を暴走させた大人の沙紀は、小さな光になって消えていきます。すると城が揺れ始め、地面にヒビが入り始めました。

ポッピンQ結末ネタバレ

駆け付けたレミィは、時の種をセットして『踊ってください。自分と奇跡を信じて』とみんなに言います。

レミィは、自分の声が戻ったのです。沙紀は、『みんなと踊りたい』と言い出し初めて5人でダンスをすることになります。

踊り始めると、沙紀の衣装も変わりました。踊っていると、時の城が光りはじめます。ダンスが終わると、光が時の谷から外へと広がっていきました。

踊り終わった伊澄は、気を失い最上階のステージから落下してしまいます。沙紀が後を追って飛び降り、伊澄を抱きしめると背中から翼が生えたのです。

沙紀に助けられた伊澄は、みんなと抱きしめ合いました。

そして、ポッピンたちとお別れの時間がきてしまいます。別れを嫌がった伊澄でしたが、ポコンに説得され『きっと、また会えるよね』と言って元の世界に戻って行きました。

伊澄は、大会で負けた同級生に謝りに行きます。すると『次も負けないから』と、同級生は伊澄の事を許しました。同じように蒼や小夏やあさひや沙紀たちも、前に進み『卒業は新しいスタートラインだ』と気づきます。

東京に引っ越して高校の入学式に出席した伊澄は、学校の生徒会長がレノンだったことに驚き思わず立ち上がってしまいます。

その学校には、伊澄だけでなく他の4人もいたのです。レノンは、ステージに上がり『ようこそ、新しいステージへ』と言いました。

ポッピンQの動画配信状況

映画『ポッピンQ』を配信しているサービスは、全部で5社です。その中でもTSUTAYA ディスカスでは、見放題で月額料金のみで作品を楽しむことができます!

エンドロールの映像は?続編が決定!

映画『ポッピンQ』は、続編が製作されるのかどうかがファンの間でも話題になっていました。ストーリー後のエンドロールシーンが伏線になっているのかや、続編の情報などを紹介していきます。

エンドロール後の映像は伏線?

エンドロールでは、レノンの『少し先の未来を見せよう』というセリフの後に伊澄たちの姿が映し出されてました。

伊澄たちの横には、ポッピンたちによく似た人間の姿があっただけでなく、時間の種が人間たちの世界に広がっていたのです。

クラウドファンディングで続編が決定!

映画『ポッピンQ』は、2019年に続編の企画があることを発表していました。クラウドファインディングでお金を募った結果、すぐに続編製作の為の資金が集まったことでも有名です。

続編を製作することが決定し、ファンの間でも期待が高まっています!

ポッピンQの続編にも期待!あらすじとネタバレまとめ

この記事では、映画『ポッピンQ』のあらすじやネタバレだけでなく、動画配信サービスの配信状況や続編の情報などを紹介していきました。

映画『ポッピンQ』は、ダンスで世界を救う主人公たちの活躍や失敗から前に進む姿などを楽しむことができるので、続編の情報とあわせて是非チェックしてみてください!